テクノストラクチャー

テクノストラクチャーは安心して長く暮らせる、地震に強い木造住宅工法です

テクノストラクチャー

近年、私たちが暮らす日本は、数多くの予測できない大災害に見舞われ、住まいに求められる条件も様変わりしつつあります。
テクノストラクチャーはパナソニックが独自に開発した新しい木造耐震住宅工法です。
震度7の激震にも耐える強い家が、大切な家族を守ります。

ヒロ君テクノストラクチャーの住宅を建設できるのは、厳しい審査基準や施工研修をパスした地域の施工認定店だけです。

テクノストラクチャーWEBサイト

複合梁テクノビーム

テクノビーム

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、ムクの柱の約1.5倍の強度を持つ集成材柱でさらに耐震性を高めています。

構造部材の徹底強化

構造部材の徹底強化

テクノストラクチャーは、工業化により安定した品質のオリジナル部材を採用。一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつひとつにまで細かな仕様を規定しています。

震度7をクリア

震度7をクリア

テクノストラクチャーによる住宅は、阪神大震災クラス(震度7相当)のゆれを5回にわたって加える実大震動実験もクリア。激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。
(耐震等級3・耐風等級2)

基本は自由設計、信頼の構造計算書付

お客様の間取り・ご要望をもとに作成したプランと敷地の地耐力調査結果などをもとに構造設計・構造計算を行い、結果にOKが出て初めてご契約となります。結果にOKが出るまでプランの変更しながら検証を行います。

自動躯体設計システム

テクノストラクチャーでは、すべての家に厳しい「構造計算」を義務付け、独自の「自動躯体設計システム」で一棟ごとに災害シミュレーションを実施。トータル388項目(多雪区域は440項目)もの強度チェックをクリアし、強さが立証された家しか建てられない仕組みをとっています。

自動躯体設計システム

構造計算書の提出

構造設計が完了すると、お客様の住まいの構造計算書および構造計算保証書をお渡しします。この構造計算書により、構造計算の中身がご確認いただけます。構造計算保証書は、パナソニックが構造計算結果及び構造計算方法について保証することを表します。

構造計算書の提出


テクノストラクチャーは、信頼の構造計算にもとづき「設計」「部材」「施工」の3つの品質にこだわりぬいた住宅工法です。

テクノストラクチャーの特徴
テクノビーム
サポート体制
完成までの流れ
テクノストラクチャーの家

JIO(日本住宅保証検査機構)ホームページ

Copyright(C) SUGIMOTO KENSETSU co.,ltd. All Rights Reserved.